UbuntuにWi−Fi子機アンテナ

イメージ
 メインで利用しているマシンは、回線の口とフロアが異なるので、 回線は速ければ良いが、取り回しも重要 メインで利用しているLinuxマシンは Wi-Fiルータ→中継器→有線→SwitchingHub→PC という経路で動かしている。 この場合、上り下りともに、約60Mbps〜80Mbpsの速度が常時出ている。 スマートフォンで、直接ルータに接続すると、600Mbpsとか出るので、その1/10というのは少々残念だけど、不便なことはない。 Wi-Fi子機を入手 今回、USB接続の子機 ELECOMのWDC-433DU2HBKを入手したので、動作するのかも含めて検証してみた。 こんなタイプのもので、向きが換えにくいデスクトップ型の場合は、案外良い形状。 とりあえず、USBに挿して、dmesgで確認すると、Elecom と型番は認識している。 念の為、lsusbでも見てみるが、 Bus 003 Device 002: ID 056e:4007 Elecom Co., Ltd WDC-433DU2HBK と出力され、問題はなさそう。 次は、ドライバだ。 いろいろ調べてみると、Ubuntu16.04の頃から使われているらしい。 チップは、RealtechのRTL8811AUらしい。 Linuxでは、RTL8812もしくはRTL8821用でOKらしい。 CoreDumper  さんのは、少し古い記事だが、参考にしてみる。 ソースコードを持ってきて確認すると,すでに機器のIDは登録されていた。 で、makeするのだが、通らない。 ムムム…。 結構時間をとられたものの、改善しないので、別の方法を探る。 Kikou's Log  さんに記載のあるgithubのソース( https://github.com/aircrack-ng/rtl8812au )をcloneして試す。 今度は、問題なくbuild完了。 ただ、今はDKMSで動かしているので、ブログの手順では動作しない。(ドライバを見つけてくれない) そこで、gitにあるREADMEを見ると、ちゃんとDKMS用の手順が載っていた。 $ sudo make dkms_install 少々buildに時間がかかるが、問題なく生成。 再起動後、Wi-Fiを認識するようになった。 残念なことに、2.4GHz/5GHzを同一のSSID

Ubuntu20.04にLibreOffice7

 現状はLibreOffice6.4

すでに20.04が出て半年が経過したけれど、LibreOfficeなどのパッケージは安定板6系列しか配信されていない。

2020年8月6日にLibreOfficeはVersion7系がリリースされていて、結構機能アップされている。

少し前に、Excelで採用されたtextjoin( )などが実装されている。
それから、MS Officeのデータとの互換性に重要な、インポート/エクスポートフィルタが改善されて、ずいぶんレイアウト情報等が正確になったらしい。

一応、主なものは以下の通り

  • ODF 1.3 document support
  • Skia graphics engine + Vulkan support.
  • Better Microsoft Office DOCX / XLSX / PPTX support.
  • remove Adobe Flash export support
  • HiDPI, import/export, and other improvements.



ということで、7系を入れて確認してみることにする。

Windows版は目的のバージョンをダウンロードしてインストールするだけなので、まぁ問題はなさそう。
(そもそもWindows自体ほとんど使用していないので関係ない)


現在使用しているバージョンを確認する。

6.4.5.2が標準の最新バージョンで有ることが分かる。
(サブマシン上のスクリーンショット)


更新作業

LibreOffice7系のリポジトリを追加する。

$ sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/libreoffice-7-0
$ sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa

続いて、パッケージのアップデートを行なう。

$ sudo apt full-upgrade

すると、7系を入れるけどいいか?と聞いてくるはずなので「y」で進める。

まぁ、ざらざら〜と必要なパッケージをダウンロードして、更新完了。

もう本当に、簡単で笑える。

起動して確認してみる。

ぱっと見ただけでは、区別つかないけれど、バージョン情報は明らかに違っている。
現時点での最新バージョン7.0.1.2がインストールされている。

もともと、そこそこマシンが速いので、起動自体は速くなったのか分からないくらいの速度でたち上がってくる。

もう快適そのもの。

あとは、データの互換性を今後確認して、様子を見ることにする。

使い勝手から、これまでKingsoftのWPS Linux版を主として使用してきたけれど、最近のアップデートで、日本語入力がインラインで表示されなくなったので、少々イラッとしていた。
LibreOfficeはその点、問題なく入力できるので快適そのもの。

WPSもそこそこ良いのだけれど、
  • SpreadSheetで文字列のソートが正常に動作しないということ
  • 日本語入力が上手く表示されないこと
これらのおかげで、最近は使用するのが面倒に感じていた。
(わざわざ、仮想マシンのWindowsを起動してExcelを使うとか…。)

あたらしいLibreOfficeには少し期待感が高まる。
これまでの6系でも悪くはなかったけれど、7系はさらに良くなっているので…。


と、使用環境を自分で選択できるというのもLinuxの良さかな…



コメント

このブログの人気の投稿

Ubuntuで動作するBluetoothアダプタ

VirtualBoxでUSBから起動

フォトビューワーの色がおかしい